月別アーカイブ: 2016年9月

個人デイトレーダーこそ、ボロ株を狙う!

株式投資で利益を出す方法は、長期的なインカムを得る投資方法と、短期で大きな売買差益を得る投資方法があります。

資産として株式保有をする場合、優良高配当銘柄を保有し、配当を長期で得る投資が良いのですが、短期的に大きな利益を掴みたいという人は、価格変動が激しい銘柄のアグレッシブな投資を目的とするでしょう。

デイトレーダーの場合、買い付け単価から数円や数十円上がるだけで、当日買いの当日利益確定とする方法が多いでしょう。
値がさ株(価格の高い銘柄)は一日の高値と安値の差が大きいケースがあり、逆に低位株は出来高が多い場合があります。
個人投資家のデイトレーダーは企業業績やファンダメンタルズに注目せずチャートや板の気配を見ます。

時にその銘柄がボロ株であっても注目します。
ボロ株とは低位で推移する株銘柄です。
10円から100円前後の株価である銘柄を主にボロ株といいますが、業績がそこそこ良くても人気が低い銘柄や、業績が悪く株価が低い銘柄などボロ株要素は様々ですが、価格が低いことでデイトレーダーやヘッジファンドの仕手株ターゲットとなりやすいでしょう。
仕手が掛かると、株価は急騰し、チャートは急角度で上昇します。

高値を付けると価格は一気に急降下して、デイトレーダーやヘッジファンド市場から資金を抜き取ります。
100円の株を100000株や200000株と買い付け、4円から5円程度で利益確定とし、40万円から50万円抜くという方法で投資を行い、高値圏であれば空売りをかけて、株価が下落したところで買い戻すという方法をとります。

デイトレーダーはボロ株の人気ランキングを常に毎日の出来高や価格推移を確認しデータベース化しています。

こうした情報は、※有名な個人トレーダーのブログなどで、随時チェックしていこうと思います。