ボロ株の代表的なトレード方法

デイトレーダーが注目する銘柄にボロ株があります。ボロ株とは、読んで字のごとくボロ(質の悪い)株(銘柄)です。

質の悪い銘柄は、価格が低く低位で推移する銘柄で、財務内容の悪さや価格の乱高下なども目立ちます。相場が活況で、平均株価が上昇基調にある時でも価格変動は少なく、1円程度しか動かないこともザラにあります。逆に、下降トレンド時に、業績や相場動向にかかわらず、急騰することもあり、仕手株要素としても高い銘柄であると考えられます。

通常の値動きが悪いため、インターネットの取引では、1円抜きという手法もとられ、1万株や10万株という指値で買いを建て、1円上昇で利益確定を行うことで、1万や10万といった利ザヤを抜きます。1円抜きは、比較的値動きの激しい、寄り付き開始後や引け前に行われることが多く、ザラ場での取引には向きません。

通常、株式投資の概念として中長期での利ザヤを目的にしたり、安定した企業の成長と配当を目的として投資判断をするもので、企業の業績動向やファンダメンタルズ要素を加味して投資を行います。しかしながら、デイトレードの場合、ファンダメンタルズや業績動向といった相場を左右する要素を一切無視して、1円、2円の攻防にて利ザヤを抜きます。

1円抜きで利益を獲得する投資の鉄則として、損切りポイントを決めておくことが大切です。さらに、自己資金目一杯の投資はタブーで、資金に余裕を持った投資としなければいけません。ボロ株が質の悪い銘柄である以上、日を跨ぐ取引は絶対にダメで、必ず当日の利益確定が必要です。

投資の落とし穴として一攫千金への期待感で、万が一下がってもまた上がるという甘い考えは捨てなければいけません。

こうしたボロ株のトレードに不安を持つ方は、実績を持つ投資顧問会社の評判や評価を掲載しているサイトを確認してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です