過去に急騰したボロ株・低位株の紹介

過去に急騰したボロ株としては、ライブドアがあります。ニュースともなるぐらいに値段が跳ね上がった株ですが、なんとPERにして何百倍という高値が付きました。社長や役員の不祥事もあって、株価急落ということにもなったのですが、高値でのPER何百倍ということは、この会社が生み出す年間収益の何百倍もの株価となっていたということです。これがいかに人が熱狂すると株価が吊り上がるかということを表しているともいえるでしょう。この高値に駆け上がる時にライブドアは業績的にはそれほどの好業績を出したわけではありません。企業買収による話題性と期待というのが株価高騰の理由かもしれませんが、こうした値動きがあるのも株価ということになるのかもしれません。

また、低位株としては上場廃止銘柄となったデジキューブ などもあります。タカラブネ上場廃止銘柄でした。低位株にはこうしたリスクがあるということは知ってい置いた方がいいでしょう。株価が異常に低いというものが低位株なわけですが、低いにはそれなりの理由があります。これらが業績好転によって株価上昇になることもありますが、業績不振や不祥事などでさらなる下落や上記のような上場廃止ということになることもありえます。特に不祥事で問題をおこしたところは、また不祥事をおこす可能性が高いとして売られる可能性が高いともいえます。こういう銘柄は仕手筋の的にもなりやすく、パニックをおこしやすい銘柄となりますから、仕手筋としては狙いやすいものとなります。話題性がある程度あって、値動きが出そうなものであれば仕手筋は仕掛けやすくなります。ちょっとした不祥事でも仕掛け材料としては十分で、それを誇張して宣伝したりしてパニックをあおってきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です