ボロ株・低位株のデメリット

ボロ株や低位株のデメリットは基本的に少ないですが、あえてあげるのならば相場の変動が激しすぎるということです。ボロ株や低位株は、その名前の通り株取引を行うことが可能な銘柄のなかでもかなり底辺の銘柄です。こうした銘柄は、一度多くの人に目をつけられてしまうとその買いやすさや浮動株の少なさから一気に相場が変動することがあります。これは、大きな利益を上げる時にはメリットに働くこともあるのですが、相場のよみを失敗すると大きく利益を失ってしまうこともありますので十分注意をしなくてはいけません。

また、ボロ株や低位株でこうした経験をするためには最低限でも一定以上の出来高が存在しないといけません。出来高というのは、簡潔に述べるとその銘柄で行われている取引の総量のことを意味します。当然ですが、銘柄を購入したとしてもその株式銘柄で全く取引がされないような状況では相場も変動することがありませんので、利益を出すことが出来ません。他の大手の銘柄は人気がありますのでこのような事態は全く無いのですが、ボロ株や低位株に関してはこのような事態が容易に想定することが出来ます。だからこそ、人が集まって少しでも買われ始めると一気に相場が変動することになるのです。これはメリットであると同時に、デメリットとしての側面もありますので購入する際には気をつけておきましょう。

ボロ株や低位株や低予算で取引を楽しむ時には非常に役に立ちますが、だからといって安易に購入してはいけません。特に、ボロ株に関しては監視銘柄として上場すら危うくなっている会社もありますので、ボロ株や低位株の中でも比較的優良な銘柄を購入するように心がけておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です