ボロ株・低位株とは

ボロ株というのは、基本的に10万円以内に購入することができる銘柄のことを指します。普通、株取引をする時には単元株の考え方がありますので、1株あたりで1万円程度の株式銘柄であったとしても1回の取引では100株単位で購入しなくてはならないのが普通です。

この場合だと1度の取引で100万円以上のお金を用意しなくてはならなくなりますので、十分な資産がないと取引そのものを行うことが出来ません。その点、1度の取引で10万円以内で購入することができるボロ株では取引における予算をあまり用意できない人であっても容易に取引ができるようになっているのです。

一方で、低位株というのはその概念自体がものすごく曖昧です。その名前の通り、上場企業の中でも株価が低位を推移している銘柄のことを意味するのですが、この低位の考え方に関してはかなり曖昧ではっきりとした定義は存在しません。ボロ株ほど低位ではありませんが、広く上場企業の中でも低い水準の株式銘柄のことを意味します。

ボロ株や低位株のメリットは、購入資金が少ない投資家であっても取引に参加して利益を出すことができるという点にあります。購入資金が少ない場合には購入する銘柄も限られてきますが、その中でもボロ株や低位株に関しては一度相場の変動が起これば一気に株価が上昇することもありますので少ない資金からでも大きな利益を得ることができる可能性が高いというメリットもあるのです。

ボロ株や低位株の中でも人気の高い銘柄は少なくありません。特に、デイトレーダーのように短期的な投機筋で結果を出したい人にとっては、大きな相場の変動が生じやすい低位株やボロ株は非常に買いやすい傾向にあるのです。

ボロ株で10倍を目指せる爆発力を持ち合わせた投資顧問を口コミから探す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です