いいボロ株・低位株の見分け方

いいボロ株と低位株の見分け方はそれほど難しくはありません。ボロ株や低位株として推移している銘柄の中には比較的良い物が多く含まれていますので、最低限の知識さえあれば優良な銘柄を購入することが可能です。

注意をしなくてはいけないのは次の二点だけですので、覚えておきましょう。まず一つはその銘柄に関する出来高が少ないものは購入することを避けることです。基本的に、株取引では出来高が多い銘柄を購入することを意識しないと大きな利益を得ることが出来ません。出来高を見ると、その銘柄でどれだけの人が取引に参加しているのかが把握できるようになります。全く出来高が存在しない場合にはその銘柄の相場の変動もなく、そもそも利益を得ることができる機会も存在しない事になりますので意味がありません。出来高が多いということはその銘柄は活発に取引がされている人気の銘柄であるということになりますので、こうしたものを購入しておけば後は相場の予測をするだけで利益を得ることができるようになります。

そして、もう一つの注意点は監視対象になっている銘柄や著しく業績に不都合がある銘柄を購入しないことです。ボロ株や低位株になっているケースはいくつか考えられますが、その中でも最も可能性が高いものはその会社の業績そのものが良くなくて会社として経営をやっていくことが難しくなっていることがあげられます。会社の業績が悪くなると株主に対して配当金をかんげんすることができなくなり、メリットを感じなくなった株主はその銘柄を放棄して別の銘柄の購入に走ります。こうした現象が行っている銘柄では再浮上することはなかなか難しいので、なるべくならば出来高が多くて業績が良いものを選択することが好ましいのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です