個人デイトレーダーこそ、ボロ株を狙う!

株式投資で利益を出す方法は、長期的なインカムを得る投資方法と、短期で大きな売買差益を得る投資方法があります。

資産として株式保有をする場合、優良高配当銘柄を保有し、配当を長期で得る投資が良いのですが、短期的に大きな利益を掴みたいという人は、価格変動が激しい銘柄のアグレッシブな投資を目的とするでしょう。

デイトレーダーの場合、買い付け単価から数円や数十円上がるだけで、当日買いの当日利益確定とする方法が多いでしょう。
値がさ株(価格の高い銘柄)は一日の高値と安値の差が大きいケースがあり、逆に低位株は出来高が多い場合があります。
個人投資家のデイトレーダーは企業業績やファンダメンタルズに注目せずチャートや板の気配を見ます。

時にその銘柄がボロ株であっても注目します。
ボロ株とは低位で推移する株銘柄です。
10円から100円前後の株価である銘柄を主にボロ株といいますが、業績がそこそこ良くても人気が低い銘柄や、業績が悪く株価が低い銘柄などボロ株要素は様々ですが、価格が低いことでデイトレーダーやヘッジファンドの仕手株ターゲットとなりやすいでしょう。
仕手が掛かると、株価は急騰し、チャートは急角度で上昇します。

高値を付けると価格は一気に急降下して、デイトレーダーやヘッジファンド市場から資金を抜き取ります。
100円の株を100000株や200000株と買い付け、4円から5円程度で利益確定とし、40万円から50万円抜くという方法で投資を行い、高値圏であれば空売りをかけて、株価が下落したところで買い戻すという方法をとります。

デイトレーダーはボロ株の人気ランキングを常に毎日の出来高や価格推移を確認しデータベース化しています。

こうした情報は、※有名な個人トレーダーのブログなどで、随時チェックしていこうと思います。

ボロ株の代表的なトレード方法

デイトレーダーが注目する銘柄にボロ株があります。ボロ株とは、読んで字のごとくボロ(質の悪い)株(銘柄)です。

質の悪い銘柄は、価格が低く低位で推移する銘柄で、財務内容の悪さや価格の乱高下なども目立ちます。相場が活況で、平均株価が上昇基調にある時でも価格変動は少なく、1円程度しか動かないこともザラにあります。逆に、下降トレンド時に、業績や相場動向にかかわらず、急騰することもあり、仕手株要素としても高い銘柄であると考えられます。

通常の値動きが悪いため、インターネットの取引では、1円抜きという手法もとられ、1万株や10万株という指値で買いを建て、1円上昇で利益確定を行うことで、1万や10万といった利ザヤを抜きます。1円抜きは、比較的値動きの激しい、寄り付き開始後や引け前に行われることが多く、ザラ場での取引には向きません。

通常、株式投資の概念として中長期での利ザヤを目的にしたり、安定した企業の成長と配当を目的として投資判断をするもので、企業の業績動向やファンダメンタルズ要素を加味して投資を行います。しかしながら、デイトレードの場合、ファンダメンタルズや業績動向といった相場を左右する要素を一切無視して、1円、2円の攻防にて利ザヤを抜きます。

1円抜きで利益を獲得する投資の鉄則として、損切りポイントを決めておくことが大切です。さらに、自己資金目一杯の投資はタブーで、資金に余裕を持った投資としなければいけません。ボロ株が質の悪い銘柄である以上、日を跨ぐ取引は絶対にダメで、必ず当日の利益確定が必要です。

投資の落とし穴として一攫千金への期待感で、万が一下がってもまた上がるという甘い考えは捨てなければいけません。

こうしたボロ株のトレードに不安を持つ方は、実績を持つ投資顧問会社の評判や評価を掲載しているサイトを確認してみましょう。

過去に急騰したボロ株・低位株の紹介

過去に急騰したボロ株としては、ライブドアがあります。ニュースともなるぐらいに値段が跳ね上がった株ですが、なんとPERにして何百倍という高値が付きました。社長や役員の不祥事もあって、株価急落ということにもなったのですが、高値でのPER何百倍ということは、この会社が生み出す年間収益の何百倍もの株価となっていたということです。これがいかに人が熱狂すると株価が吊り上がるかということを表しているともいえるでしょう。この高値に駆け上がる時にライブドアは業績的にはそれほどの好業績を出したわけではありません。企業買収による話題性と期待というのが株価高騰の理由かもしれませんが、こうした値動きがあるのも株価ということになるのかもしれません。

また、低位株としては上場廃止銘柄となったデジキューブ などもあります。タカラブネ上場廃止銘柄でした。低位株にはこうしたリスクがあるということは知ってい置いた方がいいでしょう。株価が異常に低いというものが低位株なわけですが、低いにはそれなりの理由があります。これらが業績好転によって株価上昇になることもありますが、業績不振や不祥事などでさらなる下落や上記のような上場廃止ということになることもありえます。特に不祥事で問題をおこしたところは、また不祥事をおこす可能性が高いとして売られる可能性が高いともいえます。こういう銘柄は仕手筋の的にもなりやすく、パニックをおこしやすい銘柄となりますから、仕手筋としては狙いやすいものとなります。話題性がある程度あって、値動きが出そうなものであれば仕手筋は仕掛けやすくなります。ちょっとした不祥事でも仕掛け材料としては十分で、それを誇張して宣伝したりしてパニックをあおってきます。

いいボロ株・低位株の見分け方

いいボロ株と低位株の見分け方はそれほど難しくはありません。ボロ株や低位株として推移している銘柄の中には比較的良い物が多く含まれていますので、最低限の知識さえあれば優良な銘柄を購入することが可能です。

注意をしなくてはいけないのは次の二点だけですので、覚えておきましょう。まず一つはその銘柄に関する出来高が少ないものは購入することを避けることです。基本的に、株取引では出来高が多い銘柄を購入することを意識しないと大きな利益を得ることが出来ません。出来高を見ると、その銘柄でどれだけの人が取引に参加しているのかが把握できるようになります。全く出来高が存在しない場合にはその銘柄の相場の変動もなく、そもそも利益を得ることができる機会も存在しない事になりますので意味がありません。出来高が多いということはその銘柄は活発に取引がされている人気の銘柄であるということになりますので、こうしたものを購入しておけば後は相場の予測をするだけで利益を得ることができるようになります。

そして、もう一つの注意点は監視対象になっている銘柄や著しく業績に不都合がある銘柄を購入しないことです。ボロ株や低位株になっているケースはいくつか考えられますが、その中でも最も可能性が高いものはその会社の業績そのものが良くなくて会社として経営をやっていくことが難しくなっていることがあげられます。会社の業績が悪くなると株主に対して配当金をかんげんすることができなくなり、メリットを感じなくなった株主はその銘柄を放棄して別の銘柄の購入に走ります。こうした現象が行っている銘柄では再浮上することはなかなか難しいので、なるべくならば出来高が多くて業績が良いものを選択することが好ましいのです。

ボロ株・低位株のデメリット

ボロ株や低位株のデメリットは基本的に少ないですが、あえてあげるのならば相場の変動が激しすぎるということです。ボロ株や低位株は、その名前の通り株取引を行うことが可能な銘柄のなかでもかなり底辺の銘柄です。こうした銘柄は、一度多くの人に目をつけられてしまうとその買いやすさや浮動株の少なさから一気に相場が変動することがあります。これは、大きな利益を上げる時にはメリットに働くこともあるのですが、相場のよみを失敗すると大きく利益を失ってしまうこともありますので十分注意をしなくてはいけません。

また、ボロ株や低位株でこうした経験をするためには最低限でも一定以上の出来高が存在しないといけません。出来高というのは、簡潔に述べるとその銘柄で行われている取引の総量のことを意味します。当然ですが、銘柄を購入したとしてもその株式銘柄で全く取引がされないような状況では相場も変動することがありませんので、利益を出すことが出来ません。他の大手の銘柄は人気がありますのでこのような事態は全く無いのですが、ボロ株や低位株に関してはこのような事態が容易に想定することが出来ます。だからこそ、人が集まって少しでも買われ始めると一気に相場が変動することになるのです。これはメリットであると同時に、デメリットとしての側面もありますので購入する際には気をつけておきましょう。

ボロ株や低位株や低予算で取引を楽しむ時には非常に役に立ちますが、だからといって安易に購入してはいけません。特に、ボロ株に関しては監視銘柄として上場すら危うくなっている会社もありますので、ボロ株や低位株の中でも比較的優良な銘柄を購入するように心がけておきましょう。

ボロ株・低位株のメリット

ボロ株や低位株に投資をするメリットとしては、上手く利益を出すことができれば非常に効率よく資産を増やすことができるという点にあります。

値嵩株が10パーセントも値動きをするということはあまりありませんが、ボロ株や低位株であればそれだけ大きく動くことは珍しくありません。

10円の株価の銘柄というのは、1円動くだけでも10パーセントの値動きになりますからわずか数日のうちに資産を大きく増やすことも不可能ではないのです。

ただし、気をつけておきたいことは逆に動いた時の影響というのも非常に大きなものとなっていて、数日のうち資産が半減してしまうということがありうるのもボロ株や低位株の特徴となっているのです。

投資効率が良いというメリットの他に単純に金額的に投資がしやすいという利点もあり、少額の資金しかない投資家の場合には一単元で100万円以上もかかるような値嵩株に手を出すのは大変なものですが、株価が低い銘柄の場合には数万円から投資をすることができますから、資金の少ない人も投資をしやすいのです。

ボロ株というのは企業しての価値が低く投機的に扱われている銘柄ですが、低位株は必ずしもすべて企業としての魅力がないわけではなく、大きな成長は見込めないものの安定した業績を期待できる銘柄なども少なくないのでそのような銘柄に投資をすれば、低リスクで資産運用をすることができます。

ボロ株や低位株というのはよく考えて投資をしなければ大きな損失を出してしまう恐れもありますが、メリットも大きい銘柄となっているのでメリットとデメリットを理解したうえで企業の分析をしっかりとして、リスクコントロールを徹底しながら投資をするようにしましょう。

投資顧問とは?

ボロ株・低位株とは

ボロ株というのは、基本的に10万円以内に購入することができる銘柄のことを指します。普通、株取引をする時には単元株の考え方がありますので、1株あたりで1万円程度の株式銘柄であったとしても1回の取引では100株単位で購入しなくてはならないのが普通です。

この場合だと1度の取引で100万円以上のお金を用意しなくてはならなくなりますので、十分な資産がないと取引そのものを行うことが出来ません。その点、1度の取引で10万円以内で購入することができるボロ株では取引における予算をあまり用意できない人であっても容易に取引ができるようになっているのです。

一方で、低位株というのはその概念自体がものすごく曖昧です。その名前の通り、上場企業の中でも株価が低位を推移している銘柄のことを意味するのですが、この低位の考え方に関してはかなり曖昧ではっきりとした定義は存在しません。ボロ株ほど低位ではありませんが、広く上場企業の中でも低い水準の株式銘柄のことを意味します。

ボロ株や低位株のメリットは、購入資金が少ない投資家であっても取引に参加して利益を出すことができるという点にあります。購入資金が少ない場合には購入する銘柄も限られてきますが、その中でもボロ株や低位株に関しては一度相場の変動が起これば一気に株価が上昇することもありますので少ない資金からでも大きな利益を得ることができる可能性が高いというメリットもあるのです。

ボロ株や低位株の中でも人気の高い銘柄は少なくありません。特に、デイトレーダーのように短期的な投機筋で結果を出したい人にとっては、大きな相場の変動が生じやすい低位株やボロ株は非常に買いやすい傾向にあるのです。

ボロ株で10倍を目指せる爆発力を持ち合わせた投資顧問を口コミから探す